撃たれない銃の構え方 敵と撃ち勝つ方法

はじめに

基本的な構え方をマスターしたら、いざ実戦!

 

ズババババーン

 

( ノД`)ヒットォォォ イテェェェェ

 

なぜか撃ち負けてしまう。
それは構え方に問題があるのではないでしょうか。

実戦とサバゲーの違い、特性を知るで説明したとおり、サバゲーでは反動を抑えるために必要な銃の構え方をしなくてもよいです。
そのため、ブラインドショットをしない限り変則的な撃ち方をしてもいいわけですしおすし。

 

銃の基本の撃ち方を学んだといって、様々な要因はありますがそのままサバゲーで用いると、中級者・上級者には敵わないでしょう。

銃の基本は基本で学んで、そこからサバゲーに最適な撃ち方を学べば撃ち勝てる確率も増えるので、今回ご紹介するテクニックを身に付けましょう。

 

ハンドガンの基本的な撃ち方・構え方【ピストル】
ライフルの基本的な撃ち方・構え方【長モノ】

 

脇を締めるべし

脇をしめるべし!

持ち手側(利き手)の脇を締めることで、前面投影面積を減らすことができる。

最初は意識しないと脇が締まらず肘が出てしまう。

 

↓画像は脇を締めていない。肘が横に出てしまっている。

 

↓脇を締めることで、肘が下向きになり被弾面積を下げれる。

 

バリケードからひょっこり出たときに、肘が出てるのと出ないとでは被弾率が大違いなので、
筋肉がエライですが意識して構えましょう。

 

更に極めると、被弾率を極限まで下げる撃ち方【薄い人】で紹介する上級者の撃ち方があるので、順を追ってマスターしましょう!

 

肩落とし

切落としロースじゃないよ!

正面から見て、ウィークハンド(添えて側)の肩が見えなくなるようにするテクニックです。

 

弾を避ける方法 メソッドと併用して使うとよいでしょう。

 

使う場面として、銃のスイッチングが間に合わない場面や、敵に隙を与えずにエイミングする際に使います。
例えば、バリケード右側を狙っていたら左側から敵が出てきた場合等。

ハンドガン

単純に体を横向きにして撃つ姿勢です。
左右の肩を線で結んだときに、その線が敵正面へ真っ直ぐになるほど被弾面積を下げることができます。

横移動もしやすくなるので、可能であれば左右に動いて更に被弾率を下げるとよいでしょう。

 

ライフル・サブマシンガン

弾を避ける方法 メソッドでも紹介しましたが、チョイエライ構え方です。

練習するとムキムキにもなれるので、ぜひ使用してください。

1.銃を構える
2.ウィークハンド(添えて側)の肩を肩甲骨から背中後方に回す
3.利き手側で射撃する

↓こんな感じ

 

後方に銃を向けない

【立ち回り】「面」で前に進むべしで紹介したように、サバゲーでは横の連携を意識しながら味方全体が面で進むように攻めていくことが多いです。

しかし、ルートの構造上の都合で味方陣地の方向へ出なくてはいけない状況が起きてしまうことがあります。

そのような時、銃をガッチリ構えて銃口を味方陣地に向けたらどうなるでしょう。
マーカーがあるにせよ、もし味方がその出口を狙っていたら、敵だと思われて撃たれても仕方がないです。

 

そのような場合は、銃口を向けずにクイックピークで一度確認し、味方を確認したら手を振ってマーカーをアピールしましょう。

後方以外にも左右から出るときに、味方にアピールすると連携が取りやすくなるので、コミュニケーションをしっかり取りましょう。

撃ち合いだけでなく、こういう事するのも楽しい(サバゲーの醍醐味)ので、積極的に行いましょう!

“撃たれない銃の構え方 敵と撃ち勝つ方法” に1件のコメントがあります

コメントは停止中です。