究極姿勢、ヤンキー撃ち テクニック

はじめに

オラオラ、コラァ、ワレェ、オッ?

サバゲーで撃ちあっているとき、立ち姿勢からしゃがみ撃ちに移行する際に、基本の撃ち方をマスターした人は両膝をついて銃を構えるでしょう。

ライフルの基本的な撃ち方、構え方

しかし、バリケード等からフェイントを駆使して上下に位置を変えて射撃すると、立ち姿勢から中腰は簡単に移行できるが、しゃがみ撃ちへ移行するのに時間が掛かってしまったり、膝を痛めてしまうことがあるでしょう。

フェイントを使ったバリケード活用方法

そこで、本物の銃でないからこそできる、サバゲーオンリーの撃ち方、ヤンキー撃ちをマスターして、フェイントを素早く行ったり射撃できるようにしましょう!

 

究極姿勢、ヤンキー撃ちとは

ずばり、究極姿勢、ヤンキー撃ちとは。

その名の通り、ヤンキー座りして撃つ方法です(笑)

 

立ち姿勢・中腰から単純に、銃を構えながら膝を曲げてヤンキー座りの姿勢にするだけ。

なんですが、これが意外とエライ
長時間だと尚エライ

また、普通にヤンキー座りするだけならいいが、体をリーン(斜めに傾けて)銃を構えなければいけないので、慣れないとバランスを崩してしまう。

あと、又を広げすぎると膝がバリケードから出てしまうので自重しよう。

 

ハンドガン ヤンキー撃ち

ハンドガンのヤンキー撃ちは比較的簡単。
構えたそのままの状態でヤンキー撃ちの姿勢に移行すればOK!

 

ライフル・サブマシンガン ヤンキー撃ち

問題はライフル・サブマシンガンでのヤンキー撃ち。

膝・ふともも筋肉への負担がハンパないです(笑)

 

最初に構える練習をするとかなり堪えますが、膝を痛めない程度にスクワットすると軽々できるようになるので、精進して練習に励むとよいでしょう。

 

中腰とヤンキー撃ちの中間

さぁ、ここまで来たら中腰とヤンキー撃ちの間の姿勢も取り入れてみましょう。

ちょうどスクワットで膝を曲げたぐらいの位置でしょうか。

メチャクチャ筋肉が悲鳴をあげます笑


↑撮影がキツ過ぎて中腰寄りになってる(笑)

立ち撃ち、中腰、スクワット、ヤンキーの4段階の姿勢をマスターしたら、無段階で上下の位置を構えれることができるので、バリケードに合わして臨機応変に使い分けましょう。