KRYTAC Trident LMG 分解・掃除・メンテナンス ざっくり日本語版マニュアル・説明書・使い方 翻訳

KRYTAC Trident LMGの英語マニュアルをざっくり大事そうなところだけ翻訳したので、参考までにご参照ください。

 

初速設定

エアソフトガンの初速の設定が書かれています。
日本だと99 m/s以下じゃないと駄目で、Trident LMGは99 m/s ・110 m/s・120 m/sで3通りあるため、要確認する必要があります。

初速の調整の方法は後述する「Main Spring Access」バネの開け方でご紹介いたします。

 

マガジン バッテリー取り付け 弾込め方法

ボックスマガジン

1.矢印(B部分)の方向に沿ってフタ(C部分)を開ける

2.9Vバッテリーを繋げ、マガジン空洞内(D部分)にバッテリーを入れる

3.フタ(E部分)を先に付け、F部分でしっかりフタをする

 

弾込め

1.ボックスマガジン頭部にあるフタを開け、BB弾がいっぱいになるまで流し込む

2.マガジン裏側にある予備ラッチ(A部分)を上にあげることで、更にBB弾が入るようになります

3.マガジン底部にある装填ボタン(B部分)を押して射撃できる状態になります

4.射撃の間に、装填ボタン(B部分)を押すか、ダイアル(C部分)を回すことで再度装填できます

5.弾切れになったらマガジンを横にし、予備ラッチ(D部分)を開けてBB弾を入れる

 

トラブルシューティング:マガジン

1.ボックスマガジン内のモーターから音がしない
a.バッテリーがちゃんと繋がっているか確認
c.バッテリー残量があるか確認

2.音はするが、BB弾がでない
a.装填ボタン(B部分)を更に押す
b.BB弾が入っていることを確認する
c.サービスセンターに相談

 

射撃モード切り替え

左から順番に、セーフティ・セミ・フルオート

切り替え時にトリガーを引かないように注意してください!

 

バッテリーの取り付け方法

1.射撃モードをセーフティにし、ストック両側にあるリリースボタン(A部分)を押してカバーを取る

2.ヌンチャクバッテリーまたはLiPoバッテリーをプラグ(B部分)にしっかり繋げ、ストック内に収める
a. LiPoバッテリーはストック後部に
b. ヌンチャクバッテリーはストック内のチューブの中に

3.ツメ(E部分)を先に付けてカバーを締める

 

ホップアップ調整

1.チャージングハンドル(A)を下にさげ、後方に押し込み、ホップアップ調整ダイアルが見える状態にする

2.ダイアルをカチカチ上げ下げすることでホップアップ調整できます。

3.数字が増えるほどホップアップが強くなり、数字が減るとホップアップが弱くなります。

 

弾詰まり・ジャム解消方法

1.インナーバレルを取り外す

2.ホップアップレバー(上画像B部分)をインナーバレルから持ち上げる

3.クリーニングロッドをインナーバレル前部から差し込み、インナーバレル後部へ貫通するようBB弾を押し込む

4.バレルをのぞき込み、ジャムが解消できたか確認する。

5.組み立てなおす

 

分解の仕方

インナーバレルの取り外し方

1.セーフティモードにする

2.ストックカバーを外しバッテリーも外す(上記バッテリーの取り付け方法参照)

3.フロントピン(上画像のA部分)をレシーバーから取り外す

4.上レシーバーをスライドさせて、下レシーバーから取り外す

5.上レシーバーからホップアップとインナーバレル(B,C部分)を取り出す。

 

組み立て方

1.ホップアップ、インナーバレルを上レシーバーに差し込む
ホップアップがレシーバーと並ぶように気を付ける

2.慎重に上レシーバーと下レシーバーを取り付ける

3.ピンを取り付ける

 

バネの開け方

 

1.エアガンを分解する(上記インナーバレルの取り外し方で説明)

2.ストック調整レバー(A部分)を押しながらストック(B部分)をスライドさせて、バッファーチューブ(C部分)から外す

3.バッファーチューブ(C部分)内にあるネジ(D部分)とワッシャー(E部分)をプラスドライバーで外す

4.バッファーチューブ(C部分)を外す

5.スリングプレート(F部分)を外す

6.マガジンリリースボタン(H部分)のネジ(G部分)をプラスドライバーで外し、マガジンリリースボタンも取り外す

 

7.グリップ底部、モータープレート(J部分)にあるネジ2つ(I部分)をプラスドライバーで取り外し、モータープレートも外す
注意:真ん中のモーター調整ネジは取り外さないように!

8.モーターのケーブル(K部分)を抜き、モーター(L部分)を取り外す

9.モーターがついてたグリップ内にあるネジ(M部分)をプラスネジで取り外し、グリップ(N部分)を外す

10.1.5ミリの六角レンチで、射撃モード切替スイッチ(O部分)を取り外す

11.2.5ミリの六角レンチで後レシーバーピンのネジ(P部分)を外し、ピン(Q部分)を押し出して反対側から取り出す

 

 

12.2.5ミリのポンチ(R部分)でボディピン(S部分)を押し、反対側から取り出す

13.射撃モードスイッチ(T部分)をセーフティとセミオートの間にし、ギアボックス(U部分)を下レシーバーから外す

14.8㎜の六角レンチ(V)でスプリングガイド(W部分)を押しながら90度反時計回りに回し、スプリングガイドとスプリング(バネ)(X部分)を取り出す

15.組み立ては逆の手順で!

 

掃除・メンテナンス

1.外装パーツについた埃や泥をふき取る

2.分解方法で説明した通りにバレルとホップアップ部分(A)を取り出す

3.ホップアップ調整ダイアル(B部分)を引き抜き、ホップアップ調整レバー(C部分)を上に上げる

4.きれいな布(眼鏡ふきみたいなやつ)(D部分)でクリーニングロッド(E部分)に巻き付ける

 

5.クリーニングロッドをバレル後部から差し入れ、BB弾が通る方向に向かってきれいにする

6.ホップアップ調整ダイアルとホップアップ調整レバーをもとの位置に戻す

7.反対の手順で元に戻す

 

トラブルシューティング

症状 原因 解決方法
射撃できない/音が出ない
  1. セーフティがONになっている
  2. バッテリーが無い、少ない
  3.  ヒューズが切れている
  4. 接触不良
  1. セミ・フルオートに切り替える
  2. バッテリーを変える
  3. 新しいヒューズに変える
  4. カスタマーサービスに相談
モーターは動くが、射撃できない マガジン不良 マガジンがきちんと取り付けられているか確認
ちゃんと弾が込められているか確認
マガジンが痛んでいないか確認
短時間でモーター・バッテリが熱くなる
  1. バッテリーが痛んでいる
  2. 接続端子が破損
  1. バッテリーを交換・検査
  2. カスタマーサービスに相談
セミオートがうまく機能しない バッテリー電圧または放電が高すぎる バッテリーを交換
セミオートがまったく機能しない 断路器が機能していない セーフティー→フルオート→セミの順に切り替えてみる
連射が遅くなる バッテリーが少ない 充電する
空回り・ノイズがでる モーターの速さが合っていない カスタマーサービスに相談
BB弾が上に飛ぶ ホップアップ調整が強すぎる ダイアルを下げる
BB弾が下に飛ぶ ホップアップ調整が弱すぎる ダイアルを上げる
BB弾が二重に飛ぶ・転がりながら出る
  1. ホップアップチャンバー内のグリスが多すぎる
  2. ホップアップが機能していない
  1. 最低200発撃ち、グリスを慣らす
  2. ホップアップ機能をONにする
ホップアップが調整できない 調整アームが機能していない 調整アームを再度確認(上記で分解で説明)
弾詰まり
  1. 粗悪なBB弾の使用
  2. バレルに異物が混入
  1. いいBB弾をつかいましょうね
  2. 上記、掃除・メンテナンスで説明
大容量マガジンで弾が出ない
  1. 弾が込められていない
  2. マガジン内に弾が詰まっている
  3. 内部故障
  1. マガジン底部のダイアルを回す
  2. マガジンを軽く叩いたり、振る
  3. カスタマーサービスに相談