サバゲー ゲームルールの種類 一覧まとめ

サバゲー ゲームルールの種類 一覧まとめ

はじめに

サバゲーを側から見ると、

ただ撃ち合っているだけなんじゃないかと思われる方もいらっしゃいますが、

実はサバゲーには沢山のゲームルールがあり、

それぞれのゲームルールの目的達成のために戦っています。

 

今回は、定例会で行われるオーソドックスなゲームルールを含め、

貸し切り等でやると盛り上がる特殊ルールについて説明していきます。

 

 

ゲームルールの種類

ではサバゲーで行われるゲームルールについて説明していきます。

 

殲滅戦

とってもシンプルで分かりやすい殲滅戦

全体で2チームに分かれて撃ち合いでヒットを取り合い、

最終的にヒットの数を多くとった、または全滅させたチームの勝利になります。

 

ヒットを取られたプレイヤーはその場で退場となり、

復活等で復帰することはありません

 

ゲーム終了後にヒットを取られたプレイヤーの人数をカウントして勝敗を決定します。

 

フラグ戦

サバゲーで一番オーソドックスなルール

全体で2チームに別れて、

それぞれの陣地にフラグを置き、

自チームのフラグを守りつつ、敵のフラグをゲットしにいきます。

 

相手のフラグをゲットした瞬間にそのチームの勝利となります。

 

敵を全滅させてもフラグをとりに行かなければ勝利にはならず、時間終了となれば引き分けとなります。

 

バトルロワイヤル戦

信じれるのは己のみのドキドキ、バトロワ戦

自分以外の人がになり、

最後の一人になると勝利となります。

 

ゲーム開始前に全員がフィールド内で散り

開始の合図とともにバトルロワイヤル開始で撃ち合いを始めます。

 

しょっぱなからカオスな状態から最後はドキドキ手に汗握る、

国民的サバゲールールです。(*’▽’)ぇ

 

人質救出戦

君にも家族がいるだろう...神にでも祈るんだな

 

2チームに別れて人質を奪取すると、

人質を取っている側(テロリスト)で分かれて戦います。

 

人質を奪取する側のチームから人質を一人から複数人決めておき、

テロリスト側の陣地で待機します。

 

人質を奪取する側

敵陣地に居る人質を救出して、

自陣または脱出ポイントに連れていくと勝利となります。

 

人質は武器を持っていてもいいが、

味方に救出されるまでは使用できません。

 

救出されると武器を使用して敵のヒットを取ることができますが、

人質がヒットを取られると敗北となります。

 

人質を取っている側(テロリスト)

人質を取っている側は、敵から人質を奪取されるのを阻止し、

時間まで人質を守ったら勝利となります。

 

また、人質を奪取されて脱出ポイントまで到着するまでに人質のヒットを取ったり、

人質が時間までに到着できない場合も勝利となります。

 

爆弾解除戦

爆弾解除は焦らずだ。まずは青い線を…\キャボーン/

 

2チームに別れて爆弾を守る側(テロリスト)と、爆弾を解除する側で戦います。

テロリスト側の陣地に爆弾を置きます。

 

爆弾はアタッシュケースや鞄の中に電子ホイッスルを入れておき、

ホイッスルを鳴らすと爆弾解除となります。

 

テロリスト側は敵に爆弾を解除されないよう、

爆弾を死守し、時間まで爆弾を守れば勝利となります。

 

爆弾を解除する側は、制限時間内に爆弾を解除すると勝利となります。

 

大統領戦

大統領をお守りするのだぁ! ぐわぁ

2チームに分かれて、大統領をエスコートする側と、

大統領を討ち取る側(テロリスト)で戦います。

 

ゲーム開始前に大統領をエスコートする側のチームで一人大統領を選出しておきます。

 

大統領をエスコートする側は自陣からスタートして、

目標ポイントまで大統領を無傷でエスコートしたら勝利となります。

 

大統領が武装するかどうかはどちらでもいいです。

テロリスト側は大統領のヒットを取れれば勝利となります。

 

大将戦

ぷおうぉ〜ぶぅをおうお~ (^◇^)(ホラ貝の笛の音)

 

2チームに分かれて、各チームで大将を一人決めておき、

大将を討ち取られたら負けとなります。

 

ゲーム開始前に誰が大将か敵チームに分かるようにしたり、

大将だけマーカーをしてゲーム開始後に誰が大将か分かるようにしたりとバリエーションがあります。

 

メディック戦

メディーック、メディーィーック!!

全体で2チームに分かれて殲滅戦と同じように戦いますが、メディックによる仲間の蘇生が可能になるゲームルールです。

 

ゲーム開始前に各チーム何人か、または全員、メディックを決めておき

ヒットを取られた味方をハイタッチ、またはジャンケンで勝ったら復活できるようになります。

 

ヒットを取られた人は銃を置いてその場でしゃがみ込み、

メディーック!」と叫んでメディックを呼ぶことができます。

 

単純に殲滅戦の延長でのルールでやったり、フラグ戦と交えて行うこともあります。

 

無限復活戦

引っこ抜かーれてー♪ 戦ってー♪ 食べーられる♬

 

全体で2チームに分かれ、

各陣地にカウンターを置いておきます。

 

殲滅戦と同じように戦い、ヒットを取られたプレイヤーは陣地へ戻り、

カウンターを一回押します

 

最終的にカウンターを押した数を比べ、数が少ないチームの勝利となります。

 

特殊ルールの種類

定例会でも貸切でも盛り上がること間違い無い、特殊なルールについて説明していきます。

 

スパイ戦

裏切り者はコイツだ!( ´∀`)ギクッ

通常フラグ戦殲滅戦で各チームに1人〜複数人スパイを潜らせて

味方のように戦いながら敵のチームが勝利になるよう工作をします。

 

スパイの選出方法は、ス

パイと書かれたクジと通常兵と書かれたクジを用意しておき、

各チームでクジを引いてもらい、クジにスパイと書かれていれば、

その人が祖国を裏切るスパイとなります。

 

もちろん仲間に自分のクジが何か見せずにしておきます。

スパイでない人は普通にゲームをプレイしつつ、スパイが誰なのか警戒をします。

 

スパイの人は自分がスパイであることをバレないようにしつつ、チームキルをしたり、敵にワザと見つかったりする等、敵チームが勝つように工作をします。

 

女王様戦

ワタクシのM4を舐めなさい( ´∀`)

女子男子で分かれてチームを組み、

女性チーム(女王様)は武装してもいいが、

男性チームは武器を持つことは出来ません。

 

女王様チーム男性チームを全滅させると勝利となり、

男性チーム女王様に撃たれると勝利になります( ・∇・)?

 

男性チームは撃たれる際にヒットコールをするのではなく、「ありがとうございます!」と女王様に言い、退場しましょう。

 

ゾンビ戦

うおわあわああ…(ノД`)

ゾンビチーム通常兵で分かれて戦います。

ゾンビ側は武装をせずに敵にタッチできればヒットになり、

反対に撃たれてヒットを取られたゾンビは退場します。

 

通常兵は武装してゾンビのヒットを取って時間まで生き残ります

もしゾンビにタッチされてヒットを取られると、

自らゾンビ側となって再開します。

 

2:1ぐらいの割合でチーム分けするといいでしょう。

 

センターフラッグ戦

フィールドの真ん中にフラグを1〜3つ程置き、

2チームに分かれた各チームがフラグを取り合います。

 

フラグをゲットしたら自陣まで持って帰る必要があり、

最終的に持っているフラグの数が多いチームの勝利となります。

 

敵陣地に持ってかれたフラグも奪い取って自陣に持ってくことも可能です。

無限復活戦やメディック戦と組み合わせてみると面白いでしょう。

 

ポリタンク戦

2チームに分かれてフィールドの真ん中に置かれた

ポリタンクを奪い合うゲームです。

 

各チームポリタンクを取り合い、

自陣までポリタンクを持っていけば勝利となります。

 

ポリタンクを持っている人がヒットを取られると、

その場にポリタンクを置いて退場します。

 

ポリタンクにBB弾が当たってもヒットとなります。

 

 

武器制限ルールの種類

続いて武器による縛りをかけたゲームルールの説明をしていきます。

殲滅戦やフラグ戦等と組み合わせると面白いでしょう。

 

ハンドガン戦

ハンドガンオンリーの縛りプレイ

ガスブロや電動関係なくハンドガンであれば使用可能で、

マシンピストルに関してはハンドガンに含めるかどうかは各自で決めましょう。

 

エアコキ戦

エアーコッキングタイプのみでの縛りプレイ

エアコキであれば、

ショットガンでもスナイパーでもデリンジャーでも、何でもOKです。

 

コキコキしてみんなでムキムキになりましょう。

 

エアコキハンドガン戦

エアコキタイプのハンドガンのみでの縛り

コッキング式のハンドガンであれば何でもいいです。

子供の頃公園で撃ち合ったあの頃の思い出を彷彿させるルール。

 

ちゃんとフィールドでゴーグルを掛けてやりましょう。

 

リボルバー戦

リボルバータイプのエアガンのみでの縛り

ガスタイプやエアコキ関係なくリボルバーであれば何でもいいです。

ウェスタンな気分で戦えます。

 

リアルカウント戦

マガジン内の弾数を本物の銃と同じ弾数にして戦う縛りです。

M1911ガバメントならもちろん7発で、

M4A1なら30発です。

 

リロードを頻繁に行うようになるので、

 

リロードマガジン!

 

と叫びまくってプレイすると盛り上がるでしょう。

 

様々なゲームルールに組み合わせてプレイします。

コメントを残す