ハンドサインの種類 見方・意味

はじめに

サバゲーの醍醐味といえば、カッコいい銃を構えて撃ちまくることですが、ハンドサインを出し合い、チームで協力しながら行動するのも楽しいです。また、プロのようにハンドサインを出し合うのもカッコいいですよね!

今回はそんなハンドサインについてから、様々な種類意味見方を紹介し、しっかり体得してよりサバゲーがより楽しめるようになりましょう!

 

ハンドサインとは?(ハンドシグナル)

まず、サバゲーでのハンドサインですが、腕や手、指の動きで仲間に情報を伝えることを言います。
敵が何人、どこにいるのかを伝えたり、作戦を練るの際に仲間とコミュニケーションを取るのに使用します。

 

ハンドサインのメリット

ハンドサインを使用することで、以下のメリットが得られます。

・敵にバレずに情報を伝達できる
・遠くの仲間にも見える範囲で伝えれる
タダで実践できる!

一番大きなメリットは、敵に情報を漏らさずに仲間に伝達できることです。
大声で話して敵に筒抜けになっていたら元も子もありませんよね。

 

ハンドサインの種類

次に様々なハンドサインの見方と意味を紹介していきます。

アメリカのSWATが使用しているハンドシグナルが分かるイラストがあるので参考にしてください。
よくコラ画像で使用される図ですね(笑)

ハンドサインの使い方

ハンドサインの伝え方ですが、基本的には簡単な英語の文を作る順番にハンドサインを出していけばOKです。

例えば2人室内に敵が居る場合…

二人 敵 わたし ショットガン あなた ドア
Two enemies I shotgun you door

「あなた」と「わたし」の順番だけ気を付けてミスコミュニケーションにならなければ基本的には大丈夫です。

 

簡単に使えるハンドサイン

部隊で行動している際に簡単に使えるハンドサインを紹介いたします。

一番前にいる人、またはリーダーがサインを出すといいでしょう。

 

1.索敵をする

2.敵を発見したら添え手側の腕を上げて拳を握る

そうすると仲間がその場に留まります。

3.握った拳を開くと…

「各バリケードに散れ」という意味になります。

 

腕を平行に真っすぐにすると…

「その場で待機」という意味で低い姿勢をとります。

 

低い姿勢から腕を下に向けると…

更に低い姿勢「プローン」の姿勢をとります。

 

4.仲間に人差指で指し手の平で方向を示す

仲間に手の平で示した方向を索敵するように指示ができます

 

このハンドサインは分かりやすく、簡単に使えるので内輪で使ってみるのも良いですし、チームを組んでハンドサインの打合せをして使用するのもよいでしょう。

 

最後に

ハンドサインを使用することで仲間との連携も上手くいき、何よりもハンドサインでコミュニケーションを取るだけでもサバゲーが楽しくなります
覚えるまでが大変ですが、最初は簡単なハンドサインを使用し、慣れてきたら徐々に使えるハンドサインを増やしていくと良いでしょう。

Me Watch You Hurry up!