アウトドアフィールド(森林戦)の立ち回り方

はじめに

モリゾーが似合うフィールドと言えば、アウトドアフィールド(森林戦)ですよね。

いろんな生き物がいそうな森林フィールドですが、インドア市街戦と一味違って森の中で行う森林フィールドでは特徴がかなり違い、有利になるための立ち回り方も変わってきます。

今までは市街戦で慣れていても森林戦はやったことない人や、初心者の方にも分かりやすいよう、アウトドアフィールド(森林戦)の立ち回り方について解説していきます。

 

アウトドアフィールド(森林戦)の特徴

アウトドアフィールド(森林)では屋外でのプレイになるので天候の影響を受けます。なので、雨天時は中止になりますし、夏は激暑の中でのプレイになります。冬はもうブルブルです。

森林フィールドは出来るだけ自然のままの森林になっており、草木が生い茂っていたり、が点在しています。

少しバリケードが置かれている場所もありますが、ほぼ自然そのままの森での交戦と思った方がいいでしょう。

場所によってはヘビ害虫など、敵のBB弾以上に脅威になる事柄があるので注意が必要です。

地形も平坦にはなっておらず高低差もあるので、より索敵が難しくなります。

アウトドアフィールド(森林戦)の立ち回り方

では早速アウトドアフィールド(森林戦)の立ち回り方について説明していきます。

 

迷彩服に気を使う

インドアフィールド等だとあまり気にしない服装ですが、森林での戦闘では、着ている迷彩服の色合いがとても重要になってきます。

着ている迷彩服によっては直ぐ見つかってしまいますし、逆にジャストな迷彩服だと全く索敵されずにゲームを有利に行うことができます。

一番は森林の木や葉っぱ、茂みの色合いに合わして迷彩服を着るといいでしょう。

フィールドによって森林の色合いに特徴がありますし、その時の季節によっても変わってくるので都度都度合わして着る必要があります。

もし迷彩服選びで迷ったら自衛隊で使用されている迷彩服を真似たものが出ているので、そちらを着るといいでしょう。
日本の森林に合わして迷彩が施されているので、まず間違いないです。

 

春・夏

春と夏の森林はが沢山あり、地面のが露わになっている場所が散見され、草木も生い茂っています。

なので、濃い緑茶色が入った迷彩服を選ぶといいでしょう。

 

秋・冬

秋と冬の森林は枯れ葉枯れ木が増え、一部紅葉が見れるところもあります。

落ち葉が沢山落ちているので、ちょっと明るめの迷彩服を選ぶといいでしょう。

 

ギリースーツ

別名モリゾーさん

普通の迷彩服と違って被るようにして全身を迷彩で覆うため、とっても迷彩効果のあるスーツです。装備品も迷彩で覆ってくれるので、うまく溶け込むと本当にどこにいるのか分からないくらい迷彩効果が高いです。

欠点は熱がこもって暑くなるのと、移動やリロードなど何か動作を行う時にやりずらくなってしまいます。

 

 

むやみに動かない

森林フィールドでのサバゲーでは、自分が動けば動くほど相手に索敵をされてしまいます。

せっかく茂みに隠れていても、無駄に動いて敵にバレては不利になってしまいます。反対に突っ立っていてもジッとしていれば案外見つからないものです。

具体的に、敵を索敵する際に頭をキョロキョロ動かすのではなく、目だけを動かして索敵を行います。できるだけ無駄な動作をしないように心がけましょう。
また、接敵しそうでどうしても移動をしなければいけない時は、他の場所で射撃音がして交戦をしているのに敵が気を取られている時に行いましょう。

 

姿勢を回りの草木より低くする

索敵を行わずにその場に留まっていたり、移動をする際には周りの茂みや草木より姿勢を低くしておきましょう。

姿勢を低くすることで撃たれた時の被弾率を下げるだけでなく、敵から索敵されることが少なくなります。

周りの草木もあまり揺らさず、敵にばれないようにしましょう。

 

索敵をする

身を隠すのと同時に、敵を発見するための索敵も森林フィールドではとても重要です。

森林フィールドでの索敵はインドアフィールド等と違って敵の居場所の予測が難しいです。
敵を索敵するのに必死になってやたら動くと反対に索敵されちゃうので、森林フィールドでの索敵はコツが要ります。

まず、周りの草木より低い姿勢で索敵を行う時は、ゆーーーっくり頭を出します。壁や木から索敵するときもゆーーーーーーーっくり頭を出してください。
全体を見渡していて徐々に浮かび出てくる物は気付きにくいものです。

インドアフィールド等で活用できるクイックピークだと、逆に動きが目立ってしまって索敵をされてしまいます

 

ゆっくり頭をだしたら、索敵をします。が、少し上述したようにキョロキョロ頭を動かさずに、目だけを動かして索敵を行いましょう。

やはり、遠くから見ても頭が動くと目立ってしまいます。頭だけでなく、体全体が無駄な動きをしないようジッとしましょう。

 

索敵をする際のコツですが、あまり一点を凝視しずに全体を見渡すようにしましょう。なんとなーくと言えば大げさですが、アハ体験みたいに見るといいかもしれません。|д゚)アハッ

そして敵を見つけるポイントとして、フェイスガードの顔のシルエットを見つけましょう。敵も索敵をするために顔を出しているので、先に見つけたもの勝ちです。

その他にも、草や茂みが揺れる動きをよく観察すると風の動きでではなく敵が動いていたり、射撃音足音のする方向に潜んでいたりするので音を聞いたり、様々な方法で索敵を行いましょう。

 

撃たれたら伏せる

撃たれた際に姿勢を低くする以上に伏せてしまえば、被弾率はかなり下げれるでしょう。

撃たれた時によく初心者がやりがちなのが、走り回って逃げ惑うことです。これは敵からしたら格好の的になってしまい、偏差射撃でサクっとヒットを取られてしまいます。

撃たれたら落ち着いて地面に伏せてやり過ごしましょう。

以外と茂みや草木がBB弾を防いでくれますし、敵も地面を狙って撃つようなことはあまりしないでしょう。

 

MAPを覚える

MAPを頭の中に入れておいて、自分がどの位置にいるのか、どのルートで行けばいいのか等覚えておくとゲームを有利に進めれるでしょう。また、間と情報を共有するのに名称を覚えているといいでしょう。

ホームページ等で見れる2D MAPだと高低差とかが分からないので、実際の目で見て覚えるといいでしょう。

正直、森林だと本当に森林なので分かりづらいかもしれませんが、少なくとも自分が通ったルートで、交戦となった時に退却が出来るよう退路を確保しておくと生存率を上げることができるでしょう。

 

太陽を利用する

ちょっとした小技みたいなものですが、太陽を背にしてる側のほうがちょっぴり有利になります。

まず、相手側から見ると眩しくて視界を遮ることが出来たり、自分側から見ると太陽の光が敵を照らしてくれて索敵がしやすくなります。

意識的に太陽を背に向けるといっても陣地がもともと反対側であれば難しい話ですが、向いている方向を把握しておいて自分が有利なのか不利なのか意識しておくだけで、慎重になるべきポイントを抑えれるでしょう。

よくスコープゴーグル反射してピカッとなるときがあるので、背を低くするなどして気を付けましょう。

 

まとめ

アウトドアフィールド(森林)での戦い方・立ち回り方は、インドアフィールドや市街戦と比べてまったく違ってきます。

サバゲーはやったことあるけど森林フィールドは初めてという方は最初は戸惑うかもしれませんが、上記で紹介した立ち回り方を意識してみて、少しでも有利になれるように立ち回れると沢山ヒットをとれるようになります。

慣れたら孤高のスナイパーになってみるのも面白いかもしれませんね。(´ω`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です