エアコキリボルバーの特性 種類 メリット・デメリット

はじめに

コキコキ…パキュ

リボルバー、カッコいいですよね。

主に東京マルイマルゼンから発売されているエアコキリボルバーですが、サバゲーで使用する上でエアコキリボルバーはどのような位置付けなのか、利点欠点は何か説明したいと思います。

 

エアコキリボルバーの特徴

エアコキリボルバーはハンマーを起こすことでグリップ内にあるエアータンクの空気を圧縮し、その圧力を利用してBB弾を発射させます。

リアルカートリッジ後部にあるパッキンにBB弾を装填し、シリンダー内にあるチャンバーにリアルカートリッジを差し込むことで、弾の装填が完了します。

装弾数はリアルカウントで6発入ります。

ネタ武器と言えば失礼ですが、装弾数と連射を考慮するとサバゲーではかなり不利のエアガンになります。

サブ武器かお座敷での練習用として活用するのがいいでしょう。

 

エアコキリボルバーのメリット

エアコキリボルバーをサバゲーで使用する利点を説明いたします。

 

どこでも射撃できる

エアコキ全般に言えることですが、己の力さえあればどこでも射撃が行えます。

バッテリーの充電をしたりガスを注入することが無いのででしょう。

 

とっても安価

お手軽に購入できるお値段で手に入ります。

大体3000〜4000円ほどで買えます。

オートマチックのエアコキハンドガンと比べたら1000円ほど高いですが、シリンダーが回るギミック等精巧な部分を考慮すれば値段相応でしょう。

 

ちょいロマン

やっぱリボルバーといったらロマン!

ガスリボルバー程までいきませんが、シリンダーの回転を楽しめたり弾の装填をリアルに行えたり等、ちょっぴりロマンを感じられるでしょう。

外観はプラ製ですが、良く作られているので見た目もいいです。

 

軽い

本体の重さが軽量なので、取り回しが容易に行えます。

400〜500グラム程度でしょうか。

長く構えても全然疲れないので、構え方の練習で使うにいいでしょう。

 

エアコキリボルバーのデメリット

では反対にエアコキリボルバーの欠点を説明いたします。

 

コッキングが重い

けっこうキツイです。両手で構えてコッキングしないと無理なレベルで硬いです。

たまに指がズリっと擦って痛くなる時もあります。

力の入れ方等コツを掴むとコッキングしやすくなるでしょう。

 

ちょいチープ

プラ製だったりでガスリボルバーと比べると見た目はちょいチープです。

チープとは言いませんが、ちょいチープです。

値段相応といえば値段相応でしょう。

 

シングルアクションのみ

エアコキリボルバーはシングルアクションのみでの射撃になります。

ダブルアクションがないので連射が効かず、一発を外すと危ないです。

 

エアコキリボルバーの種類

エアコキリボルバーを出している主なメーカーを紹介致します。

 

東京マルイ

リアルカートリッジタイプで装弾数はドキドキの6発

10歳用と18歳用があり、M19パイソンの2種類があります。

 

クラウン

東京マルイ同様、リアルカートリッジで装弾数は6発

10歳用と18歳用でM19パイソンの2種類です。

 

デリンジャー

隠し要素プンプンのデリンジャー。

リボルバーというよりは、、、デリンジャー

袖に隠し持ってみたり…

 

まとめ

エアコキリボルバーはとても安価で手に入りやすい反面、実際のサバゲーで使用するのは難しいです。

リボルバーアクションを手軽に楽しみたかったり、構え方の練習で使用する分にはいいでしょう。

値段相応のオモチャなので、ネタ武器として使用するのも面白いかもしれませんね。

コメントを残す