ガスリボルバーの特性 メリット・デメリット

はじめに

チップを弾むから俺に勇気を分けてくれ…

どこぞの◯元大介が愛用で、

誰がこんなギミックの銃を最初に作ったんだって思っちゃうリボルバーですが、

サバゲーで使用する事においてガスリボルバーはどのような位置付けなのか、

 

メリットデメリットが気になるところでしょう。

 

今回は、そんな疑問にお答えして、

ガスリボルバーの特徴、利点・欠点について説明致します。

 

ガスリボルバーの特徴 仕組み

ガスリボルバーはグリップ内部にガスタンクを内蔵しており、

グリップ底部からガスを注入します。

 

BB弾は実際の薬莢みたいなカートリッジに1発ずつ入れるリアルカートリッジタイプと、

東京マルイで出ているリボルバーは一つのチャンバーに4発装填でき、

合計24発撃てる物もあります。

 

同じ種類のリボルバーでもバレルの長さが異なるものがあり、

2.5インチから10インチ程あるリボルバーもあります。

 

ガスリボルバーのメリット

では、サバゲーでガスリボルバーを使用する利点について説明していきます。

 

溢れんばかりのロマン

ガスリボルバーを使う結論コレッ

 

引き金を引くと同時に回転するシリンダー

金属音を鳴り響かせながら撃鉄を振り下ろし弾を発射する一連の流れ

 

溢れんばかりのロマンがプンプンしています。

 

外観も凝っている物が多く、鑑賞用としても申し分ないです。

 

元々がモデルガンを作っていたメーカーがガスガンを販売しており、

とてもクオリティが高いガスリボルバーが多いです。

 

このロマンを味わえるのはガスリボルバーのみ、ハードボイルドな君にピッタリのエアガンだっ!

 

コッキングが軽い

シングルアクション時の撃鉄を起す動作がとっても軽く行えます。

 

このゆっくり撃鉄を起こしていって、

ガカ…チチャ…っとシリンダーを回す音も交わって堪らんす。

 

片手でも容易に行えるのがメリットです。

 

ダブルアクションが可能

本物の銃と同様、撃鉄を起こさなくてもトリガーを引くだけで射撃が行えます

 

エアコキにはないギミックなので、

ガスリボルバーだけのメリットになります。

 

スピード射撃を行うのに申し分ない連射が行えます。

 

撃ち勝った時の快感

ロマンたっぷりのガスリボルバー、

電動ガンに撃ち勝って銃口を息でフゥー…

なんてことしちゃって。

 

正直のところガスブロ電動ガンと比べると性能は劣りますが、

だからこそロマンガスリボルバーで撃ち勝った時の快感は半端ないです。

 

サバゲーでは多少劣るが普通に使えるレベルなので、

君のテクニックとガンマン魂でカバーしよう。

 

ガスリボルバーのデメリット

では反対にガスリボルバーをサバゲーで使用する欠点について説明していきます。

 

連射が劣る

ガスブロや電動ガンと比べて連射が効きません

ダブルアクションで多少は連射が効くが、

トリガーのアソビが大きくなってしまうので、指がキツくなりがちです。

 

訓練することで解消は出来るので、

撃ちまくって指をムキムキにしましょう。

 

弾数が少ない

リボルバーの特性上、最大弾数が6発になります。

一発一発を大事にして確実に狙って当てていく緊張感が味わえます。良い意味で。

 

東京マルイでは24発装填できる構造のリボルバーがあるので、

サバゲーでの実用性を考えるのならマルイ産を使用するのが良いでしょう。

 

リロードが大変

リロードのギミックもロマンの一つなんですが、

リアルカートリッジの場合だと排莢した後に一発ずつチャンバーにカートリッジを詰めていかなければならず、

非常に時間がかかってしまいます

 

排莢した薬莢をこぼさずダンプポーチに入れるのが難しいですし、

手袋をしているので尚更扱いが大変になります。

 

スピードローダーという6発同時にカートリッジを挿入できるアタッチメントがあるので、

それを使うことである程度、時間短縮にはなるでしょう。

 

修理が難しい

リボルバー自体の構造が複雑なので、

ガスリボルバーのシリンダーが回らなくなったり射撃が行えなかなったり等、

故障が起きると自分で直すのはとても困難です。

 

メーカー修理に出すか、買ったお店で直してもらえるのなら直してもらいましょう。

 

下手に自分でやると壊します

 

ガスリボルバーの種類

サバゲーで使えるガスリボルバーを幾つか紹介いたします。

 

東京マルイ

東京マルイから出ているガスリボルバーシリーズ

M19からバレル2.5インチ、4インチ、6インチと、

パイソンから2.5インチ、4インチ、6インチのラインナップがあります。

 

上述したように装弾数が24発と、サバゲーでもしっかり使えるようになっています。が、ゲーム途中でのリロードは難しいので、サイドアームとしてか、一発一発を大事にして扱いましょう。

 

マルシン

種類が豊富でクオリティも高いリアルカートリッジタイプのガスリボルバーです。

モデルガンから派出してるので、申し分の無いクオリティです。

 

ロマンを追求するならコレでしょう。

 

クラウン

種類が豊富でリアルカートリッジタイプ

比較的安価な物が多く、手に取りやすいガスリボルバーです。

 

タナカ

 

ガスリボルバーのジャンルというよりはモデルガン

ちょっとサバゲーで使用するにはロマンが強すぎる逸品でしょう。

まとめ

ガスリボルバーはロマンプンプンハードボイルド形エアガンです。

かと言ってサバゲーで使えなくは無い性能です。

 

メーカーによってサバゲー向けモデルガン寄りか分かれますが、

どれもクオリティの良いものばかりで、

撃ち勝てるかどうかは置いといて使っていて楽しい逸品でしょう。

 

ガスブロと電動ガンに比べたら性能は劣りますが、

きっと君のテクニックと立ち回りと愛情でカバー出来うるでしょう。

コメントを残す