エアコキスナイパーライフルの特徴 種類 メリット・デメリット

はじめに

スタンバーイ… ビューティフォー

モリゾーの格好がとっても似合う長物といえは

 

エアコキスナイパー( ´∀`)

 

ボルトアクションの動作が楽しいですよね。

 

そんなエアコキスナイパーですが、実際のところサバゲーで使用する上で、

エアコキスナイパーの特性メリットデメリットはどうなのか、説明していきたいと思います。

 

エアコキスナイパーの特徴

エアコキスナイパーライフルはサバゲーでスナイパーをするのにメジャーなエアガンです。

 

エアコキの為、ボルトアクションタイプのラインナップが多く、

レミントンL96といったエアガンが各メーカーから発売されています。

 

一部ドラグノフバレットライフル等、

実銃だとセミオート射撃できる銃もコッキング式になっているエアコキスナイパーもあります。

 

スコープは別売りの場合とセットで販売している場合があり、

自分で選びたい人はスコープ別売りを選ぶといいでしょう。

 

大体2倍〜6倍が使えてアイリリーフが70mmであれば問題ないです。

 

インドアフィールドでの使用は、高台ロング(長い通路)がないと難しいかもしれません。

アウトドアフィールド長距離を射撃する際に一番活躍するでしょう。

 

エアコキスナイパーのメリット

サバゲーで使用する上でのエアコキスナイパーのメリットを説明します。

 

いつでもどこでも射撃できる

エアコキ一番のメリットと言えば、

己の力で外部ソースを利用せずに射撃を行えることでしょう。

 

これが本当に楽なんですよね。

 

そのまま本体を持っていってフィールドでそのまま使用して、

終わったらそのまま置いておくだけでいいので。

 

バッテリーの管理やガスを注入する必要が無く、

お手軽に使用できて簡単に管理できます。

 

とても軽い

エアガンによって差異はありますが、

ガスブロと電動と比べて軽量のスナイパーが多いです。

 

長時間構えることが多いスナイパーではとっても楽に扱えるでしょう。

 

ちなみに東京マルイのVSR-10で、1923gです。

 

安価で手に入る

とにかく安いです。本体だけなら1万5000円あれば良いのが買えるでしょう。

 

安いからといって見た目のクオリティが下がることはなく

申し分ないリアルさに仕上がっています。

 

やはりエアコキという構造が安価で作れるため、その分お安くなるのでしょう。

 

意外とリアル志向

リアルさがあると上述しましたが、

見た目以外にも実銃に似せたギミックがあります。

 

反動を楽しめるリアルショックがあったり、

エアコキながら心地良いボルトアクションを行えるようになっていたり、

クオリティの高いエアコキスナイパーが沢山あります。

 

お座敷でカチャカチャ出来て、

サバゲー以外でも楽しめる要素があるので所有していてとても楽しいです。

 

エアコキスナイパーのデメリット

では反対にエアコキスナイパーの欠点について説明いたします。

 

連射が効かない

BB弾を発射するのに毎回コッキング動作をしないといけないため、

連射力が落ちてしまいます。

 

接敵して初弾を外してしまうと結構キツイです。

焦らずコッキング出来れば良いのですが、

まぁまぁ焦ってしまいます

 

テンパるスナイパーほど醜いものはありません。

落ち着いて射撃するように心がけましょう。

 

コッキングが少しだけ重い

ガススナイパーと比べての話ですが、

少々コッキングが重く感じます

 

といいつつも、デメリットと言うほどコッキングは重くはないです。

 

東京都マルイのVSR-10だと、18禁のハンドガンよりは軽いと思います。

 

左構えでコッキングしづらい

ボルトアクションが右手用に作られているので、

左手で構えた時にコッキングが難しくなります。

 

コッキング動作は出来なくは無いですが、

ちょっとエラい体勢になるので、頑張りましょう。

 

エアコキスナイパーの種類

いくつかエアコキスナイパーをご紹介いたします。

東京マルイ

VSR-10シリーズ



高性能
ニーズに合わした機能お手軽価格

とっても実用的で申し分のないVSR-10

 

エアコキスナイパー選びで迷ったらコレを買えば間違いないです。

カスタムパーツも多く出ているので、弄るのも楽しいでしょう。

 

L96 AWS

東京マルイ性能で外観を重視したい人向けのエアコキスナイパー。

VSR-10より重量はありますが、ゲームでもしっかり使える高性能で安定感のあるスナです。

 

ARESシリーズ

海外製のリアル志向エアコキスナイパー

マニアックなものからカッコイイものまで超クオリティが高いスナイパーが多いです。

 

プラ部分があまりなくて金属製を多用しています。

 

重量は5kgほど

 

海外製故に不具合が多いそうなので、鑑賞用にオススメです。

 

CYMA

L96

見た目のクオリティも東京マルイと比べて少し良いくらいでしょうか。

 

金属パーツを多様しているので少し重いですが、

サバゲーで使用するのに申し分ない性能です。

 

まとめ

エアコキスナイパーはサバゲーでスナイパーをするのにしっかり使える性能で、

とてもコスパの良いエアガンです。

 

エアコキでもコッキングが軽く行えて楽しくボルトアクションが出来るので、

電動ガンやガスガンに飽きたらビューティフォーなスナイパーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す