ハンドグレネードの活用方法

はじめに

イッツエネミーグレネードゥ!

キャボーン

投げる時や転がってきた時に思わず叫びたくなるグレネードですが、サバゲーでハンドグレネードが転がってきて爆死するばかりで、使ったことがある方は少ないでしょう。

今回は実際にサバゲーで活用できるよう、ハンドグレネードの種類から有効な使い方コツについて説明いたします。

 

ハンドグレネードの種類

サバゲーで使用するハンドグレネードの種類について説明いたします。

 

ガス式

ガスガンにも使用するフロンガスを利用して広範囲にBB弾を炸裂する手榴弾です。

ガス式には2種類あり、時限式インパクト式があります。

 

時限式

時限式は本物の手榴弾同様にピンを抜いて数秒後に炸裂します。

メンテナンスをしっかりすれば不発に終わることが少なく使い勝手も良いですが、投擲して爆発までに敵に逃げられたりしたり、投擲にもたつくと自爆してしまう恐れがあります。

 

インパクト式

インパクト式はピンを抜いて手榴弾を投擲し、地面に着いたり壁に当たった衝撃BB弾を炸裂するタイプです。

即効性があり、敵に隙を与えずヒットが取りやすいですが、衝撃が上手く伝わらず不発に終わってしまうケースがあります。

 

スプリング式

ガス式に続いて違う種類の紹介。

スプリング式は何枚か付いている羽にBB弾を入れ、バネの力を利用して羽を開放させてBB弾を撒き散らす、とっても単純な作りの手榴弾です。

作りが簡単なため価格が安いのと、ガスを使用しないためコスパがいいです。

スプリング式にはインパクト式の一種類のみで、ガス式同様に衝撃が上手く伝わらないと不発に終わってしまうケースがあります。

 

ハンドグレネードの使い方

ではハンドグレネードの使用方法について説明していきます。

 

フィールドのレギュレーションをチェック

まず、気を付けなければいけないのが、各フィールドによって手榴弾の使用が可能か確かめることです。

ホームページやゲーム前の説明でしっかり確認しておきます。

もし手榴弾の使用が可能な場合、投げ方にも気をつけましょう。
大抵のフィールドでは上投げでの使用は禁止されています。

オモチャと言えど、プラスチックの塊が上から落ちてきて頭に当たったりしたら危険ですよね。

なのでサバゲーでの基本の投げ方は、下投げ地面に転がすことです。

 

ハンドグレネードが有効なフィールド

基本的に手榴弾は近距離戦闘が多いインドアフィールドでの活用が有効的です。

アウトドアでも近距離でバリケードを挟んでいたり、入り組んでいる場所なら問題ないですが、森林系のフィールドだと交戦距離が遠いのと、そもそも投げた手榴弾がどこに行ったか分からなくなって無くしてしまう恐れがあるので推奨しません。

 

ハンドグレネードの有効な使い方

いくつかハンドグレネードを有効に使える場所場面を説明します。

基本的には下投げオンリーなので近距離での使用がメインになります。

・一つバリケード先に敵がいるとき
・外からルームに入るとき
・敵に囲まれたとき
・小窓やグレネード専用の通路があるとき
・階段から転がす

 

一つバリケード先に敵がいるとき

前方へそのまま転がしたり、壁に反射させるように投げたりします。

敵との交戦で膠着状態になった時や、突破口を開きたい時に有効です。

敵が隠れているバリケードの前に転がしても意味がないので、敵の後ろに手榴弾が落ちるようにコントロールしましょう。

 

外からルームに入るとき

ドアや入り口から部屋に入る時に投げ入れてやるといいでしょう。

ルームエントリーする前に放り込むのも有効的です。

・ルームエントリーの仕方

部屋に投げ込むことで敵の態勢を崩すことが出来たり、不発であっても視線を一瞬でも奪えるので、ルームエントリー時の制圧が上手くいく可能性が上がります

 

敵に囲まれたとき

前にも後ろにも行けない場合、どちらか突破口を作るために手榴弾を投げ込みます。
また、フラグ戦等で守りを固めるのに敵が攻めてくるのを足止めするためにも有効です。

手榴弾の数だけ足止めが可能なので、ディフェンダーで複数手榴弾を持っていってもいいでしょう。

 

小窓やグレ専用の通路があるとき

フィールドによっては遊び心なのか、グレを転がす専用の窓や通路があったりします。

敵が居るのが分かっていれば積極的に投げ入れてやりましょう。耳を澄ますと断末魔が聞こえるはずです笑

ただし、うっかり味方を爆破させてしまう恐れもあるので、気をつけましょう。

 

階段から転がす

フィールドによっては禁止されているのでレギュレーションをチェックしましょう。

階段で交戦となると、大体が膠着状態になります。

もし上の階に居るのであれば、手榴弾を転がしてやりましょう。制圧がしやすくなります。

 

まとめ

サバゲーでのハンドグレネードは戦術の幅を増やせるだけでなく、サバゲーのゲーム自体が盛り上がって楽しいです。

思わずグラナーダァー!って言いたくなるでしょう。

あくまでも怪我をしないように上投げでの使用はやめましょう。フィールドによってレギュレーションが違うので確認をしてルールを守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です