索敵を行うコツ

索敵を行うコツ

はじめに

敵の居場所を探らなければ敵のヒットを取ることも、有効な制圧射撃をすることも出来ません。

サバゲーでゲームを有利に進めるには索敵はとても重要なスキルです。

今回は、改めて索敵を行う必要性の説明と、インドア・アウトドア別での索敵の方法のコツについて解説していきます。

 

索敵とは

そもそも索敵というのは敵の居場所を探ることで、自分の目や耳で敵の居場所を確認します。

索敵を行うことで味方に敵の情報を共有できたり、一方的に撃ち勝てるように立ち回ったりすることができます。

もちろん敵も索敵をしているので、いかに自分の存在が見つからずに相手を索敵出来るかが鍵となります。

 

索敵のコツ

では早速、索敵のコツについて説明していきます。

 

インドアフィールド 市街戦

インドアフィールド(市街戦)では基本的に近距離での交戦が多く、バリケードや壁を多用した立ち回りが必要になってきます。
索敵でも近距離では、目だけでなく「耳」敵の足音や物音を聞き、どの方面に敵がいるのか、どういうルートで、どのタイミング接敵をするのかを予測する必要があります。

また、中距離でもバリケードが点在するところではクイックピークを活用するといいでしょう。

クイックピークについては以下の記事で記述しているのでご参照ください。

クイックピークの仕方【覗き方】

逆に敵に索敵されないようにするために自分の足音を出さないようにしたり、物音が出にくい装備を付けていくといいでしょう。

サバゲーテクニック 足音を消して移動する

アウトドアフィールド 森林戦

アウトドアフィールド(森林戦)での索敵方法はインドアフィールド(市街戦)と比べてかなり違って、敵の居場所の予測難しいです。

敵を索敵するのに必死になってやたら動くと反対に索敵されちゃうので、森林フィールドでの索敵はコツが要ります。

まず、周りの草木より低い姿勢で索敵を行う時は、ゆーーーっくり頭を出します。壁や木から索敵するときもゆーーーーーーーっくり頭を出してください。
全体を見渡していて徐々に浮かび出てくる物は気付きにくいものです。

インドアフィールド等で活用できるクイックピークだと、逆に動きが目立ってしまって索敵をされてしまいます

ゆっくり頭をだしたら、索敵をします。が、少し上述したようにキョロキョロ頭を動かさずに、目だけを動かして索敵を行いましょう。

やはり、遠くから見ても頭が動くと目立ってしまいます。頭だけでなく、体全体が無駄な動きをしないようジッとしましょう。

索敵をする際のコツですが、あまり一点を凝視しずに全体を見渡すようにしましょう。なんとなーくと言えば大げさですが、アハ体験みたいに見るといいかもしれません。|д゚)アハッ

そして敵を見つけるポイントとして、フェイスガードの顔のシルエットを見つけましょう。敵も索敵をするために顔を出しているので、先に見つけたもの勝ちです。

その他にも、草や茂みが揺れる動きをよく観察すると風の動きでではなく敵が動いていたり、射撃音足音のする方向に潜んでいたりするので音を聞いたり、様々な方法で索敵を行いましょう。

まとめ

サバゲーでの索敵方法はインドア(市街戦)アウトドア(森林戦)で違ってきます。

索敵が上手く出来ることでゲームを有利に進めることができます。

自分が索敵を行うと同時に敵に索敵をされないようにする為、上述した索敵方法を是非参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です