ガスマシンガンの特性 メリット・デメリット

はじめに

夏といえば、ガスガン!

サバゲーでサブマシンガン・アサルトライフルを使用するとなると電動ガンが主流ですが、電動ガンを使っていてガスマシンガンって実際どうなの?と疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。

今回は電動ガンと比べてガスマシンガンにはどのような特徴があるのか、メリットデメリットのご紹介をいたします。

 

ガスマシンガンの特徴 仕組み

ガスマシンガンはマガジン内にガス(HFC-134Aを注入し、トリガーを引いた時に気化したガスを放出させ、その勢いでBB弾を発射します。

マシンガンのためもちろんフルオートも出来ますし、セミ・フル切り替えもできます。銃によっては2点バースト3点バーストができるタイプもあります。

 

ガスマシンガンのメリット

ではガスマシンガンにはどのようなメリットがあるのか説明していきます。

 

リアル感のある射撃

電動ガンにはない、トリガーを引いて弾を発射させる感覚がダイレクトに伝わるのを感じられるリコイルがあったり、モーターでないバスッバスッと撃てるガスの感覚も楽しく思えるでしょう。

撃ち比べると全然違うのが分かりますし、撃っていて楽しいのはガスマシンガンです。

やはり電動ガンだとオモチャ感が出てしまうので、リアル志向のプレイヤーにはオススメです。

 

パワーが出る

ガスの力が強いのと、構造上電動ガンより複雑になっていないので改造がしやすく、弾速制限ギリギリまでパワーアップができます。

後述しますが、ガスの特性上、温度が上がるとパワーが増します。

 

メンテナンスしやすい

上述したように構造が簡単になっているため、メンテナンスが容易に行えます。

パワーが下がってきたらパッキンの交換をしたり、シリコンスプレーを付けたりが電動ガンより簡単にできるでしょう。

 

遅延がない

トリガーを引いてから弾が発射されるまでのインターバルが全然ないです。

電動ガンではモーターとスプリングを使用するため遅延が生じてしまうが、ガスマシンガンはガスがダイレクトにBB弾を発射してくれるため、トリガーを引いた瞬間に射撃が行えます。

僅差での撃ち合いではガスマシンガンに分があるでしょう。

 

クオリティが高い

射撃がリアル感であるため、リアル志向のニーズに合わして銃本体もリアルに作られています。

金属パーツを多用したり、細部まで作り込まれているので、触っていてグッとくるものがあります( ・∇・)

 

すぐ使える

電動ガンだとバッテリーを充電する必要がありますが、ガスマシンガンはマガジンにガスを注入するだけで準備完了です。

充電をするのを忘れると半日遊べなくなるのが、ガスだとあれば直ぐに遊べるので、事前の準備が煩雑じゃないです。

 

ガスマシンガンのデメリット

では反対に、ガスマシンガンのデメリットは何か、説明していきます。

 

冷えに弱い

ガスガン全ての宿命

ガスが冷えると使い物にならなくなります。

夏場は気温が高く、ガスの圧力も高くなって威力が増すが、秋や冬場に入るとガスが冷えてしまい、ガスガンのパフォーマンスを100%発揮できなくなります。

ガスガン全般に言えることですが、ゲーム前にマガジンを温めて置いたりして対策するか、そもそも秋・冬は電動ガンを使用するのも手でしょう。

 

値段が高い

まず本体の値段が高いです。

本体自体のクオリティーが良く作られているのと、電動ガンと比べて数が出ていないからでしょうか。

電動ガンより1万ばか高いイメージです。

そして消耗品であるガス代が意外とバカにならないです。

けれど、値段相応の感動は味わえると思うので、上述したメリットを参考までにしてください。

 

連射が弱まる

夏場は良いですが、ガスの特性上、気化すると同時に冷えてしまうため、連射するとだんだんマガジンが冷えて連射が弱まってしまいます。

フルオートで1マグ一気に撃ちきることはあまりないですが、残り弾数が少ない所まできて連射すると、ガスも切れてきてパワーと連射が落ちるでしょう。

最初の撃ち始めは良いが、終盤で弱くなってしまう不安定な所はガスガンの欠点でしょう。

 

まとめ

ガスマシンガンは電動ガンと比べて値段は張るが、その分リアル志向で大人のオモチャとして楽しめるでしょう。

夏場等の気温が高い時期に使うが一番で、電動ガンと使い分けて使用するのもいいでしょう。

やはりガスガン故のメリットもあり、サバゲーでも十分に楽しめると思うので、是非使ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です