ハンドガンの基本的な撃ち方・構え方【ピストル】

はじめに

銃の撃ち方というのは様々存在しており、射手の手の大きさ、体重、体格によってベストな撃ち方が違い、ピストル自体の形も様々であるため、必ずしも「この方法で撃たなければいけない」ということは無い。

必ず「安全で正確に射撃ができる」ということを抑えていればどんな撃ち方でも大丈夫です。

今回はサバゲー初心者が銃に慣れるため、基本的なハンドガンの撃ち方を紹介していきたい。

 

グリップの仕方(持ち方)

まず、利き手でグリップを持ち、親指の付け根中指がこれ以上あがらない位置まで上げる。(グリップの高い位置で掴む)

これだけで命中精度や連射性が向上するだけでなく、作動不良の抑制にもなる。

 

 

次に、利き手の親指を上に持っていき、片方の手が入るスペースを作る。

片方の手の掌底を横のグリップに密着させ、親指をフレームに触れるようにする。

反対側

 

握力は、利き手が弱め片方の手を強めに握る。

大体、利き手が3、片方の手が7の割合で力を入れると良い。そうすることでトリガーを引くときに精度が良くなります

撃つ際には、人差し指を柔らかくトリガーを引くイメージで!

 

基本的な姿勢

本物の銃ではないため姿勢を怠って怪我をすることはないが、射撃の精度や正確性を向上させるために基本的な姿勢を習得しておくと良いでしょう。

なにより姿勢をしっかりすることでカッコよく見えます!(ここ重要)

 


出典:youtube.com/watch?v=T4lxDIisTgo

姿勢でおさえるポイント

・軽く前傾姿勢を保つ
・肘と膝を伸ばし切らずに少し曲げる
・構えている手のほうの足を半歩さげて45度外側へ開く

この姿勢はハンドガンだけでなく、アサルトライフルやスナイパー等、様々な種類の銃器にも対応している。

なるべく首は傾けないように撃とう!

 

サイトの見方

基本的には利き目でサイトを覗き、フロントサイトと合うように狙います。

視界を塞がないよう、両目を空けておくように。

 


出典:http://www.handgunsmag.com

↑の画像のように、サイトとフロントサイトが少しでもズレると、狙った場所に命中できない。

最初はゆっくりでいいので、「構える」「狙う」の動作を行い、慣れたら「構える」「狙う」を同時にできるぐらいになろう。

 

トリガーの引き方

トリガーを引くときは、力をいれずに真っすぐ後ろに引きます。その際、指の腹の真ん中がトリガーに当たるようにする。

 

関節側でトリガーを引くと、ブレて右寄りに命中することがある。

NG↓

 

反対に指先でトリガーを引くと、左寄りに命中してしまう。

NG↓

銃がブレないように意識しましょう!

 

最後に

今回は基本的な撃ち方を紹介したが、ハンドガンのみならず、他の銃器にも適用できる部分が多いので、しっかり覚えておくと良いでしょう。

何度も練習すれば体に馴染み、自然に扱えるようになるでしょう。

結局は自分に合った撃ち方をするのが良いのですが、怪我をしない、させないために「安全である」ことだけは必ず守ってください。

“ハンドガンの基本的な撃ち方・構え方【ピストル】” に3件のコメントがあります

コメントは停止中です。